CentOS7のサーバ構築でうまくいかない時の共通確認事項

サーバを構築する際にいつも忘れてしまうところ。

・SELINUXの無効化
状態確認
getenforce

永久的に無効化
vi /etc/selinux/config
—-
SELINUX=enforcing
—-

・FWの無効化
状態確認
systemctl status iptables
systemctl status firewalld

停止(再起動すると復活する)
/etc/init.d/iptables stop
systemctl stop firewalld

・それでも無理な場合
サービスの状態確認、エラーの場合は問題箇所も表示される
systemctl status [サービス名]

エラーログ確認
vi /var/log/[ログファイル]
jounalctl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です