「プログラム」カテゴリーアーカイブ

(ESXi)リモートでESXiをシャットダウンさせる

何をするか

ESXiホストをネットワーク経由でシャットダウンさせます。

手順(パターン1)

SSHで接続

ESXiのデフォルトではSSH経由での接続ができないので、SSHサービスを立ち上げてTeraTermを使ってシャットダウンさせます。

vSphere clientでESXiホストにログインします。
「構成」タブより左のメニューから「セキュリティプロファイル」をクリック。
「SSH」を選択して「オプション」を押下する。
次回から自動起動させる為に「ホストに連動して開始および停止」を選択。
「開始」を押下して「OK」「OK」を押下する。

TeraTermを起動してESXiホストにSSH接続をする。
「ユーザー名」を入力して、「キーボードインタラクティブ認証を使う」を選択。

パスワードを入力する。

シャットダウンコマンドを入力

手順(パターン2)

PowerCLIで接続

PowerCLIをインストール → PowerCLI 6.5

PowerCLIを起動して下記2行を実行。

※この方法だと仮想マシンのシャットダウンはできないので、ttlなどで仮想マシンのシャットダウンをしてから「Stop-VMHost」コマンドを実行する

感想

パターン1,2ともにマクロ化(スクリプト化)すればvSphere clientからやるよりは簡単かな。

(VBS)vbsからTTLを実行する

どんな処理か

vbsでttlファイルを実行する。
(コマンドラインからttpmacro.exeを実行し、引数にマクロファイルを指定してマクロを実行する。)

事前準備

user1のデスクトップの「TTL」フォルダに「test.ttl」が存在すること

コード

powershellでping疎通確認

どんな処理か

テキストに記載されているIPアドレスに対して
上から順番にpingを実行して結果を出力する。

事前準備

user1のデスクトップに「ping_target.txt」が存在すること

コード

テキストファイル(ping_target.txt)

実行結果

(TTL)TeraTermマクロでsshログイン

何をするか

TeraTermマクロによるSSHログイン、
コマンドの実行を実現する

事前準備

 以下のパスに下記2つのテキストを準備する。
  C:\Users\user1\Desktop\TTL\
  ・host_list.txt
  ・ホスト名.txt(例:SW1.txt)

host_list.txt

処理対象のホストのIPアドレスが記載されたテキスト

続きを読む (TTL)TeraTermマクロでsshログイン

(TTL)TeraTermマクロによるCiscoルータ、スイッチのリストア

何をするか

Ciscoルータ、スイッチの現在のconfigを削除して
別途テキストにて用意したconfigを流し込む

事前準備

 ・コンソール経由で接続
 ・コンフィグが記載されたtxt(基本的にはsh runのコピーでOK)が以下のフォルダに存在する
  C:\Users\engineer\Desktop\TTL\config\
  上記のフォルダに「ホスト名.txt」の形式で保存して下さい

続きを読む (TTL)TeraTermマクロによるCiscoルータ、スイッチのリストア