KVMからVMwareWorkstationに移行する

何をするか

KVM上で動かしている仮想マシンのイメージファイルをWindowsマシン上のVMwareWorkstationで使えるように変換して使用する。

qemuマシン側

qemu-imgをインストールする。

qemuの仮想マシンのイメージがある場所に移動する

イメージの変換を行う。

上記のコマンドで出来たvmdkファイルをWinSCPなどで取り出す。

Windowsマシン側

VMwareWorkstation上で仮想マシンを動かすには「vmdkファイル」と「vmxファイル」が必要なので、フリーツールの「vmxMaker」をダウンロードする。

仮想マシンのディスク(vmdk)やメモリ容量、OSの種類等を選択して「vmxファイル」を作成する。

VMwareWorkstationの仮想マシンを開くから「vmxファイル」を選択して仮想マシンを起動する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です