新卒1年半で転職した理由

一社目の概要

独立系Sier

規模はそれなり

職種はヘルプデスク

一社目の入社理由

ぶっちゃけると、早く就活を終わらせたかったからです。

正直なところ、大学4回生になった時点で35単位くらい残っており

就活より留年しないことに本気になっていました。

一社目の企業はインターンにも参加していたので

前倒しで選考を受けることができ、大量採用の企業だったので

トントン拍子で内定を貰うことができたので、即決で内定承諾しました。

一社目から転職しようと思った理由

一言でいうと「技術的なスキルアップに対してポジティブな反応がない」です。会社が求めていたのは手順書通りのオペレーションができる人、その人達をまとめる現場責任者でした。

定形作業ばかりだったのでどんどんマクロで業務の自動化をしていくと何故か周囲から睨まれてました。

常駐のヘルプデスク、オペレーターは基本的に時間単価で働いているので、業務が早く終わるとバレたら貰える工数が減るじゃねぇかという理由です(笑)

転職活動での軸

転職理由の逆で「技術的なスキルアップに対してポジティブな反応がない」です。

もちろん自分自身の自己研鑽が大前提ですが、エンジニアのスキルアップに対してのサポートやスキルに応じた案件に携われるような企業を希望しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です