どうしようもない大学時代

大学時代の私


大学:偏差値40代前半の文系
学生の本文は学業ですが大学1回生~3回生まで私の頭の中は「パチスロ打ちたい」「かわいい彼女がほしい」が90%を占めていました。
大学時代は講義に出てる時間よりパチスロ屋に居る時間の方が長かった気がします。
バイト先の好意を寄せていた女の子に私のクズ度合いがバレてしまい。「ド底辺のゴミクズですね」と言われたのも良い思い出?です…。因みにその女の子は可愛いだけでなく国公立の大学生でした。

最悪のループ


スロ代が欲しいので時給が高い夜勤バイトをする

日の出と共に寝始めるので午前中の講義はサボる

講義をサボった罪悪感はパチスロで現実逃避

勝てる日もあるが、基本は負けるので
どんどんお金が溶けていく

上に戻る

キャッシング & リボルビング


大学生というだけで年収40万でも簡単にクレカを作れました。
ギャンブル依存がクレカを持つとどうなるでしょうか?
分割払い、リボ払い、キャッシングという王道の流れで 大学4回生になる頃には、学生ながらクレカを4枚持ち (楽天、三井住友*2、エポス)利息が返済の元金を上回る自転車操業状態が出来上がっていました。
MAXでショッピング30万、 キャッシング20万くらいまで膨れ上がりました。

自堕落な生活も青春?


ポジティブに考えてみると、夜までパチスロ打って友達の家に泊まって朝まで友達の家でゲーム(スマブラ)してみたいな大学生活も私にとっては最高に楽しかったので青春の一つなのかなとも思います。
もちろん出来ることならサークルの女の子ととBBQとかスノボとか甘酸っぱい青春がしたかったですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です